レーザー治療

レーザー治療と一口にいっても種類はさまざまです。機械の種類ごとの特徴や効果的な悩み、またレーザー治療のメリット・デメリットを紹介します。

レーザー治療とは?

レーザー治療は各症状に最適な波長のレーザーを皮膚に当てることで、シミの元となるメラニン色素を破壊したり、古い角質を追い出したりする治療法です。特に紫外線によるシミや、表面が盛り上がっているシミ、あざの治療などによく使用されます。

また、目の下あたりに左右対称でモヤっと現れる肝斑には、これまでレーザー治療がNGとされてきました。しかし、レーザートーニングが登場したことで肝斑治療にもレーザーが選択されることが多くなっています。

施術方法を誤るとかえってシミを悪化させてしまうリスクもあるレーザー治療は、正確に診断してもらうことが特に重要といえるでしょう。

レーザー治療が効
果的な肌悩み

シミ、ほくろ、あざ、ニキビ、刺青、肝斑、毛穴の開きなど

レーザー治療の施術例

QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザーは、肌の表面の浅い部分と真皮部分の両方に働きかける2種類の波長を用いて、シミ、あざ、刺青の治療を行います。これまでのレーザー治療では肝斑の治療ができないことや、皮膚の表面を傷つける恐れがあることなどのデメリットがありました。

QスイッチYAGレーザーではこれらの問題が改良され、肝斑の可能性があるシミにも使用できたり、お肌にあまり負担をかけない治療ができたりといったことが可能となりました。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

CO2レーザーは主に盛り上がったイボやほくろ、脂漏性角化症と呼ばれるシミの除去に用いられます。

首にできた無数の小さなイボにも効果的。ほくろの色素細胞のみを熱で破壊し、正常な皮膚にはダメージをほとんど与えないため、メスを使った除去よりも傷が残らない点がメリットです。

短時間で完了し出血もほとんどないため手軽に行うことができますが、症状によっては治療が数回必要なものもあるため事前に医師とよく確認しておくといいでしょう。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは加齢によるシミ、先天性の青あざに特に有効です。メラニンへの吸収率が高い波長を用いているため、黒、青、茶色によく反応します。

コラーゲン組織やヘモグロビンにはほとんど吸収されず、正常なお肌へのダメージはほとんどありませんが、肝斑に使用すると悪化する恐れがあるため注意が必要です。

レーザー治療のメリット

レーザー治療は治療時間も比較的短く、ダウンタイムも少ないため気軽に受けられるというメリットがあります。また、光治療に比べると少ない回数で効果を得やすいことも特徴でしょう。

レーザーの種類は上記で紹介した以外にもたくさんあり、肌悩みにあった波長を利用してさまざまな効果が期待できる治療を受けることができます。メスを使わずに濃いシミやほくろ、あざ、刺青などの深い層まで治療できるのは光治療にはないメリットです。

レーザー治療のデメリット

レーザー治療では該当部分を焼き切るため、範囲が広かったり濃いシミであったりすると人によっては痛みを感じることがあります。心配であれば前もって医師に相談しておくと、麻酔などの対策をしてくれるでしょう。

また、かさぶたになる段階で赤黒く目立ってしまったり、施術後に一度シミが濃くなったりする可能性があるため、落ち着くまではマスクやメイクなどで隠す必要があるかもしれません。大切な用事がある直前には行わない方が無難でしょう。

年代・お悩み別!
二子玉川のおすすめ
美容皮膚科2選

顔のシミ・たるみで
お悩みのマダムにおすすめ

二子玉川スキンクリニック
img01
引用元HP:二子玉川スキンクリニック
http://www.skincosme.jp/futako/

口コミサイトで評価の高い施術
シミ・肝斑(★4.3)

公式サイトで
クリニックの詳細を見る
電話番号:0120-71-4112

ムダ毛でお悩みの
今ドキ女子におすすめ

湘南美容クリニック
img01
引用元HP:湘南美容クリニック(二子玉川院)
https://www.sbc-futakotamagawa.com/

口コミサイトで評価の高い施術
医療レーザー脱毛(★4.2)

公式サイトで
クリニックの詳細を見る
電話番号:0120-546-698

※人気の施術は「美容医療の口コミ広場(2019/1~2019/8/22現在)」で口コミが多い施術の平均値を算出したものです。

二子玉川駅前(撮影写真)

顔のたるみ・シミや、ムダ毛に悩む女性たちに「口コミ評価が高い」二子玉川の美容皮膚科を紹介します。

おすすめの
美容皮膚科を見る